尾高高原の家

コンセプト

自然豊かな菰野の地にて,渓流や風の音,動物の鳴き声,四季や時間のうつろいを楽しむ家族との時間のための住まいです。既存樹木を残し,その間を縫うように計画したため,住宅全体が樹木に守られたような佇まいとなっています。周辺環境を最大限に内部に引き込むために,壁で囲った部屋は和室(寝室兼用)のみ。中心部にある開放的な土間からは,奥行き2メートルの軒下空間が三方向へ分岐します。そのうち二方向には,屋根を支える力強い梁の先に,木々の緑を縁取るロフトが広がります。

DATA

名称: 尾高高原の家
所在地: 三重県
URL: -
用途: 専用住宅
構造: 木造
規模: 地上2階建
敷地面積: 619.74㎡
建築面積: 90.85㎡
延床面積: 96.24㎡
竣工年: 2015年
掲載誌: A-Collection 022(アーキテクト・スタジオ・ジャパン)
設計: プリヤデザイン一級建築士事務所
施工: 株式会社 上村工建
撮影: 松村 芳治 米田 正彦
タグ: